自宅脱毛器の選び方。

 
脱毛器は色々出ていますね。

自宅で脱毛器を使って脱毛しようという人の一番の理由は、
「サロンに通う手間暇コストがかからない」ことじゃないでしょうか。
脱毛サロンは予約をとってわざわざ行くという行為が必要ですが自宅脱毛は、自由な時間にできます。

完全に自分都合でできるのです。

でも気になるのが、肝心の「脱毛効果」です。

脱毛器を買ってない人からすると、「脱毛器なんて、どうせ効果ないんでしょ。」と思っています。

それにめんどくさいなどなど。

「効果がない」
「めんどくさい」
「痛いんじゃないの」
これは、正しいとも言えるしそうでないとも言えます。

まず、「効果がない」

これは、そうとは言えません。ちゃんとした脱毛器を選べば、毛が少なくなったり、生えなくなったりすることはできます。

「めんどくさい」

これは仕方ないですね。サロンにいけば人件費を払って施術してもらえますからね。
「痛いんじゃない」

これはいたいです。

どんな脱毛も「毛根を無力化するには痛みを伴います」
これが、正しい脱毛器の認識だと思います

永久脱毛とそうじゃない脱毛

 
永久脱毛とはっきり言えるのは、「ニードル脱毛」だけと言われていましたが、今は「医療用レーザー脱毛」が永久的に生えないと言われています。
毛根を無力化するパワーを持ったレーザーを体に照射できる機械がアメリカで開発されて日本にも入ってきたのです。
それは医師がいないとしてはいけないという医療行為となっています。

では脱毛サロンは?

脱毛サロンに置いてある機械は、「フラッシュ」を呼ばれる光を出します。
「レーザー」も「フラッシュ」も「光」であることは一緒なんです。

では何が違うのか?

それは、パワーです。
厳密に言うと、出ている光の種類も少しずつ違います。
でも毛をなくすという意味に置いて一番違うのはパワーです。

毛を生えなくするためには「毛根を無力化」することが必要になりますが、そのパワーがフラッシュは弱いんです。

ですので、生えなくなるまでに数回人によってはもう少し多くかかります。

ですが、パワーが弱なので、痛みだって少ないんです。

そして、時間はかかりますが、徐々に徐々に毛根を弱らせていくので、毛は薄く少なくなっていきます。
相当回数やれば、毛根のパワーはほとん度なくなってくるかもしれません。でも、完全にゼロになるというわけではありません。

やめて数年もすれば、復活してくるでしょう。人間の再生力です。
でもレーザーは、数回で、無力化するだけのパワーを持っています。

ですので、数回やって「もう毛が生えない」という状態にするのは可能です。

その代わり、パワーが「強」なので痛みも強いんです。

永久脱毛の定義

 

夏は過ぎたのでムダ毛が見えることもなくなってきましたが、みなさん、手足の毛ってどうしてます?

この毛の問題もかなり個人差が大きい問題で一概には言えないんですよね。

ハッキリ言うと、体毛が薄い人っています。そんな人は毛の問題ってないわけじゃないですか。

でも体毛が濃い人、男性もですが、特に女性にとっては大問題です。

一番困る「脇毛」に関しては、もう多くの人が脱毛サロンに通って処理をしている人が多いと思います。

私もそうです。

私が体毛が濃く、毛も太く、脇毛の量も多かったので、永久脱毛をしました。

知ってます?1その昔。永久脱毛といえるのは「ニードル脱毛」だけだったんですよ。。
そうです。私は15年前にニードル脱毛をしているのです。
痛かったですよ!!もう一度やれと言われたらもう出来ないと思いますね。
でも一切生えてこなくなりました。

では痛みがない、もしくは少ないと言われている「フラッシュ(光)脱毛」はどうなのか。

これは、正確には、「抑毛」効果があるものになるんです。
結局、生えなくするためには「毛根を無力化」するっていうことなので、
この毛根を無力化するのにどれだけのエネルギーを使うかっていうことなんです。

永久脱毛が100%のエネルギーで完全無力化とすると、フラッシュはもっともっと少ないパワーを当てて、
だんだんと少なくするんです。

でも完全に無力化することは できないので、サロンでは「永久脱毛」とはうたわないんです。

ぶらぶら始めます。

私は東京の東のはしっこで暮らす主婦です。東京って言ったって、テレビで見るようなところではなく、のんびりとした風景が広がる場所です。

なかなか楽しい毎日を過ごしていますよ♪

色々書いていきたいと思います。

 

最近、「ショウガの花」って初めてみたんです。こーーんな可憐な花が咲くんですね。

20151004_040615400_iOS