永久脱毛とそうじゃない脱毛

 
永久脱毛とはっきり言えるのは、「ニードル脱毛」だけと言われていましたが、今は「医療用レーザー脱毛」が永久的に生えないと言われています。
毛根を無力化するパワーを持ったレーザーを体に照射できる機械がアメリカで開発されて日本にも入ってきたのです。
それは医師がいないとしてはいけないという医療行為となっています。

では脱毛サロンは?

脱毛サロンに置いてある機械は、「フラッシュ」を呼ばれる光を出します。
「レーザー」も「フラッシュ」も「光」であることは一緒なんです。

では何が違うのか?

それは、パワーです。
厳密に言うと、出ている光の種類も少しずつ違います。
でも毛をなくすという意味に置いて一番違うのはパワーです。

毛を生えなくするためには「毛根を無力化」することが必要になりますが、そのパワーがフラッシュは弱いんです。

ですので、生えなくなるまでに数回人によってはもう少し多くかかります。

ですが、パワーが弱なので、痛みだって少ないんです。

そして、時間はかかりますが、徐々に徐々に毛根を弱らせていくので、毛は薄く少なくなっていきます。
相当回数やれば、毛根のパワーはほとん度なくなってくるかもしれません。でも、完全にゼロになるというわけではありません。

やめて数年もすれば、復活してくるでしょう。人間の再生力です。
でもレーザーは、数回で、無力化するだけのパワーを持っています。

ですので、数回やって「もう毛が生えない」という状態にするのは可能です。

その代わり、パワーが「強」なので痛みも強いんです。