お財布を買い換える

 
お財布を買い換えようと思っています。

今のお財布は、ただでもらったもので、品質はとてもいいので気に入っていますが、いかんせん、ただで頂いたことがきになるのか、ちょっと金運アップしません。

(っていうか、ただでもらってここまで頑張ってくれたことにむしろ感謝です)

ですので、思い切ってお財布を新調しようと思うのですが、その時期も気にしたいところ。

色々調べてみると、やはり「張る財布」ということで、立春が良いと言われていますね。

しかーーし、それは今ある金運をキープして行きたい!という人だそうで、むしろ借金があったり、お金に苦しんでいるときっていうのは、「秋にお財布を買い換える」というのもいいらしいです。

お金の運を良くしたいということですね。

そして、よく黄色は金運と言いますが、お財布を入れるには黄色はよくないとか。

やはり落ち着きのある「黒」」「茶」などが無難でいいそうです。

あと、人とのご縁でお金が回ってくる職業の人には「緑」のお財布もいいとか言われていますね。
財布を購入するのに良い日は、年に数回の「天赦日」「一粒万倍日」「己巳」らしいです。

特に天赦日は、年に4~5回しかない日、それから「己巳」は弁天様の御縁日だそうです。

参考にしたいですよね。

サプリは根気よく

肌荒れやニキビがあり徐々に気になり出しました。社会人になり服では隠せないこともあったのでお嫁に行く前に何とかしたいと思っていました。
そんな時に出会ったのが『きらりのおめぐみ』です。きらりのおめぐみはいぼと肌あれに効きます。だんだんと人に見られるても大丈夫なほどにきれいになってきました。

始めはこれがメインで飲んでいましたが同時に肌あれにも効果があるので一石二鳥に感じています。
30代後半にもうすぐ差し掛かりますがこのサプリに出会ったおかげで肌あれはかなり防止できているように思います。これだけに限らずサプリメントはすぐ効果が出るものではないので根気よく飲み続ける事が大事だと思います。

やっぱり体の中から肌を綺麗にしたほうが、効果的ですね。

化粧品ではやはり限界があるのかなと思います。

http://xn--n8jr1b6d2hc4b0uqkqgm837f.net/

朝ドラを観て色々・・・

今日の「あさが来た」には木村佳乃さんが登場しましたね。
木村佳乃さんってホントにキレイ。。。若い時はあまり好きな女優さんではなかったのに、
いつしかすごいいい演技をする女優さんだなーーーっと見惚れちゃうような感じになりました。

ここ最近では、NHKの「はつ恋」とかがちょっと怖すぎるくらいいい演技でした・・・。

それにしても、痩せてますよねえ。木村佳乃さんは。
あんなにスマートで居るには相当な努力もされているでしょう。
女優魂が素晴らしいと思いますし、なんといってもご主人が東山紀之さんですから・・・。

あのヒガシですから・・・。

さてさて、今日の「あさが来た」では波瑠さんの目が大きすぎてこわい!っていうシーンが多かったですが、
無事に炭鉱を買うこともでき、ついに九州に旅立ちます。亀助さんがお供の役で、しばらくは友近も見られないのかと思うと、ちょっと残念。。。

それにしても五代さんから拳銃なんてもらって、素人が使って大丈夫なんかい!とちょっと突っ込みたくなりましたが、でも護身用としてあんな大事なものを渡してくれる人が居るって、あさは幸せものですねえ。

そういえば、木村佳乃さん演じる櫛田そえさんが、あさに、
「あなたは恵まれていると思わないといけないですよ」的なことをおっしゃいます。

観ている私もハッとしました。

つい、「加野屋を支えているのはあさなんだ」とか、
「ぼんくらのダンナに変わって、七面六臂の活躍をしているのはあさなんだ」とか、

「むしろ感謝して欲しいくらいなんだ」って言うように、あさをかばってしまう自分もいました。

でも、そえさんは、「この時代、女のあなたを信じて任せようってしていることはすごい有り難いことだ」と言います。

感謝の気持ちが大切とは、言葉ではわかっていても、まだまだ感謝の世界は奥が深いと思わせてもらえる今日の放送でしたね。
来週も益々楽しみです!

ハロウィン元年。

 

未だかつてこれほどハロウィンが日本で取り上げられたこともなかったと思います。
それも、仮装・仮装・仮装。

コスプレ好きの日本人にぴったり合ったかのように、ハロウィンが日本にぴったりマッチしましたね。

ただ、仮装して、トリックオアトリートってやってるぶんには全く流行らなかったと思いますが、
人を集めてお祭りにする仕掛けが祭り好きの日本人にはバッチリ。

それにしてもアラフォーやアラフィフとなった十分な大人まで一緒になってセクシーコスチュームで集まっているのは、少し前なら眉をひそめられる情景でした。

でも、まあ、それはそれで良いのではないでしょうか。

だって、経済効果は抜群ですし、みんなが楽しめるイベントがひとつ増えたというのはとってもいいコト。

アメリカでは何十年も前からハロウィンパーティは当たり前でしたし、おしゃれな業界人はハロウィン当日は、何らかの仮装をして、業務をしているというのもけっこうありました。

でもこんなに、ジャパン・ウェーブになるとは。

ちなみに我がホームタウン、東京のはしっこ葛飾でも、コスチュームで歩いている人はいましたよ。お店をジャックしに来ました。

来年にはもっともっと盛り上がること間違いなしですね。

来年は、私も仮装でもしようかな。