うつ病にはオメガ3が良い。

私は20代後半からうつ病を患い、精神科に受診し、薬物療法を受けるも、完全回復にまでは至らず、病状が悪化したり、少しよくなったりを繰り返していました。うつ病は、脳内の神経伝達物質であるセロトニンが欠乏していると発症するのですが、うつ病の脳を活性化させるのに、オメガ3系の油がいいという情報を聞きました。
お薬では、自分の疾患は完全にはよくなってくれない、どうにか病気を克服したいという思いがあり、「効く」と聞いたものは片っ端から試してみました。そこで、オメガ3系の脂肪酸を多く含む油であるえごま油を日常の料理に取り入れました。
えごま油は、熱を加えると魚のこげたような独特の匂いがするということで、できるだけ加熱調理には用いないで、生で使うように書かれている商品が多いです。けれども、調理で油を一番利用するのは、フライパンで食材を加熱するときなので、私は気にせず、加熱調理にも使っています。説明書きにあるような、魚のこげたような匂いになったことなく、調理にそん色なく使えています。
その後、お薬を変えたこともあり、うつ病はよくなりました。えごま油だけでうつ病が治ったとは思いませんが、脳血管性疾患の予防にも効を奏すと聞くので、少々値は張りますが、今も料理にはえごま油を使っています。

あと、やはりえごま油と一緒にとったほうがいいものにDHAがあります。いろんなDHAのサプリが出ている中で、やはり、国産のもので、それから成分がしっかりしているもの、と思った時に見つけたのが、「きなり」でした。

きなりはDHAサプリではかなり売れているらしく、エゴマと合わせるといいらしいのでこれも飲み始めてます。

すると最近朝とても気分よく目が覚めるようになり、効果に驚いています。

これは、「きなり」単体の効果というより、エゴマとの組み合わせがよかったのではないかと思っています。これからももう少し続けてみたいです。